ヤツが帰ってきたのかも・・・。

相変わらず、大忙しの状態が続いておりまして、なかなか落ち着きませんね。
そろそろ設計の仕事に戻りたいなー・・・。

ツイッターか何かで目にした話ですが、心の健全さを保つのには週に1回ぐらいは休日に自分の趣味の時間を設けるのが良いそうです。
自分の場合は、お客さんを待たせてしまっているのでそこまでのんびり構える余裕はありません。
まあ、焦って仕事が早くなったりすることはないんですが、ゆったり構える気にはなれません。
とはいえ、忙しいと焦っているとロクなことになりません。いや、ならなかったわけで・・・。

こないだもねー、注型作業でレジンのA・B液を混ぜないといけないのに、A液だけを流しちゃって大変なことになりました。
うちの場合は着色成型なので、色が付いているA 液は間違えようがありません。
ところがB液は透明で、先日の場合は注型装置のこのB液を入れるべきところにわざわざ着色していない、素のA 液をセットして流しちゃったという、非常に巧妙な間違いをやらかしちゃったわけです。
注型後1時間ほど経っても固まらないので、不審に思って調べたら発覚したわけです。
ええ、全部自分の仕業です。
まあなんか、考え事をしててボーッとしながら作業をしてたんでしょうが、それにしてもここまでややこしく、ちょっと見たぐらいじゃではわからないような巧妙な間違い方するか、フツー!

何者かの意思を感じます。
もしかしたらまた奴が帰ってきたのかもしれませんね。
寝不足で落ちかけている時に何度か現れた破壊系別人格タカシマ。
以前は製作中の原型を破壊したり、CADデータを丸ごとごっそり消去したり(しかもご丁寧にバックアップまで)してましたが、今回は白昼堂々真昼間に立ち仕事をしている時の犯行ですよ!
パワーアップして帰ってきたのかもしれません。
もしくはいよいよ認知症が始まっちゃったのか・・・何れにしてもこえ〜。

まあ、犯人が誰かはともかくとして(ていうか自分なんですが)、この型の復旧作業を最優先で行いました。
ドロドロになった型を洗浄するのが、まあ本当に大変で。

この作業にスケジュールを半日以上持ってかれてしまったわけで、焦っても全く何の得にもならなかったわけです。

災害が起きた場合まず助からない、と自覚しつつ気持ちを落ち着かせながら作業を続けております、ハイ。
あと誰かヤツを何とかしてくれ。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記, 製作全般 パーマリンク