メモ用紙の帰還。

今年の夏は、例年を上回る忙しさでした。
おかげさまで進行中の作業がだいぶシンプルになり、今は設計のみで集中的に作業しています。おかげで進みが悪くて焦れていた設計のペースがかなり上がってきました。
ただ残念なのは、今やっているのは外注の仕事なんで、公表出来るのがいつのことになるか、そもそも自分の名前を出せるのか、その辺りは現在のところ分からないこと。
がんばってるんでねー、できれば公表したいところです。

前回書いた助っ人の尽力により、自分の手が煩わされる事が無くなり、仕事場も落ち着きを取り戻しましたが、早速彼はリタイヤすることになってしまいました。
彼の個人的な事情が理由のため、こちらではどうする事も出来ず、残念ながらあきらめるしかないようです。
今後の流れが良い方に向くと思ったんだけどなー・・・、なかなか上手く行かないものです。
なので、近日に求人の募集をかける予定です。
弊社の仕事を助けたい!という奇特な方は是非ご連絡ください。

あと、現在予約を受付中のダンガイオー及びブラックダンガイオーは、今回で一旦絶版にする予定です。
これも色々ありまして、現在の体勢では今後の再生産は難しいと判断しました。
再販の可能性は皆無ではありませんが、その時は・・・うーん、いつのことになるやら。むしろ他の過去作品の方が可能性が高いかも。
ですので、ダンガイオー・シリーズのお申し込みを悩まれている方はお早めにどうぞ。

さて、仕事がだいぶ落ち着いて来たため、とっ散らかっていたものを片付ける余裕も出てきました。
で、その過程で帰ってきましたよ、ヤツが。

先日、いつも手元においているメモ帳が突然姿を消し、その後どこを探しても全く見つからない、という事件が起きました。
あまりの見事な消失ぶりに、無意識のうちに捨ててしまったのか、はたまた自分は超能力か何かを持っているんじゃないかと疑い出す始末。
それから約2ヶ月を経過した数日前、その消失したメモ帳がとんでもない場所から現れました。
なんと、請求書などの書類をまとめたフォルダー内に挟まっていたらしく、このフォルダーを引っぱリ出した時にここからぽろっと落ちてきました。
はあ〜!?
今回も犯人は間違いなく自分です。こんな事じゃないだろうかと思っていましたが、どうしてこんな手の込んだとこに忘れたんだか。
捜索時には、思いつくありとあらゆる場所を探しましたが、ここは探さなかったわ〜。
ボーッとしてる時にとんでもない事をやらかす、というのは分かってましたが、つくづく恐ろしい男です、自動操縦時の自分は。
もしかしたらアルツハイマーとか始まっちゃってるのかも、ゾ〜ッ!!

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: お知らせ, ダンガイオー, 日記 パーマリンク