なんで桜の季節はこんなに忙しいんだろ・・・ああ、いつもか!

桜が良い感じで咲いてます。今すぐにでも花見に飛び出したいところですが、なかなかそうもいきません。
まずは今月末お届けのダイ・ソード<インティグラル>の発送。これが終わってからでないと花見には行けません。
桜、持つかなー。

あとは、現在出力中のギガドリルを待つ間にグレンラガンに搭乗するシモンとカミナ兄貴のフィギュアを作らなければいけません。
まあ、これは花見の前じゃなくてもいいんですが。

加えて、先日のパソコンの代替わりのせいで使えなくなったデータ管理ソフトの復旧作業まである始末。
旧ソフトは古いサブ機で動かしてますが、これが何かのアクシデントで壊れてしまえばこのデータを開くことは出来無くなります。
非常に大事なデータなので、想像するのも恐ろしいです。

とりあえずは最優先事項なので、先日買って来た新バージョンのソフトを解説書とにらめっこをしながら、昨日なんとか変換したデータを再設定しました。
1日がかり。1回操作法や概念を憶えちゃうとなんて事も無いんですが、そこに行くまでがホントに時間がかかります。
なんというかコンピューターってのは色々やれる便利な道具なのかもしれないけど、使う人間が長い時間をかけて操作法を完全に把握するまでは、逆に恐ろしく不便な道具になり下がるのが難点。
こういうのが得意な頭の回転が早い人は憶えるのも早いんでしょうが、自分の場合はとんでもなく時間と労力が持ってかれます。
おかげで、ここんとこ全然触ってないですよ、原型。

とはいえ、やっと・・・やっと終わりました。今日からやっと作業を開始出来ます。なんかすごいうれしい〜!

そんなわけで今週はあまり作業を、というかほとんどやれなかったのでヒミケンはお休みです。

そうそう、前回当コラムで書いたダンガイオーの再販の件はまだ正式なものではありません。まだ版権元さんにも相談してませんので。
あくまで、再販してみたいんですが、どうでしょう?といったレベルの話です。
もともとダンガイオーは、ウチの横浜時代の社内設備があって、はじめて作れていたものなので、現状の社外の業者さんに頼むととんでもなくお金がかかります。
素材も特定のものしか使えない仕様なので、特定の業者さんに頼まざるを得ません。
それでも前回、再販に踏み切ったのには、自分のお気に入りで絶版にするにはあまりに惜しい、という個人的な理由でした。
当時は名乗りを上げてくれたお客様方のおかげで再販が成立したわけですが、この時の生産用の型を作るための母型(これは原型とはまた違う、型のための親型ですね)は保管してあります。
これのおかげで、今回は前回に比べて予約を募る必要人数も半分くらいで済みます。

とは言え、一定人数が集まらない事には話が始まりません。
前回、自分の個人的な思い入れで行った再販ですが、今回も自分と同じくらい思い入れのある方が必要です。
待っているだけでは絶対に出ませんので、その気がある方はぜひメールをいただければ、と思います。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: ダンガイオー, 日記 パーマリンク