グレンラガンはまだまだ続くのです。

おかげさまでついに、グレンラガンの紹介ページを公開する事が出来ました。
現在、着々と予約のお申し込みの件数が伸びております。
ぶっちゃけ、新作の予約を募る今頃がウチは1番厳しい時期で、1件でも多く、早く、お申し込みをいただけるとホントに助かります。

グレンラガンに社運がかかっております。というか、毎年出す新作に毎回社運がかかっています。何卒、ご協力の程をお願い致します。
また、昨年発行致しました割引券をお持ちの方は是非ご活用いただければと思います。

今はグレンラガンはバラバラになって成形業者さんのところに行ってます。
原型はまだ完成していませんが、型の配置やそれに合わせた設計の調整をするためで、先日部品の納品と打ち合わせをするために新幹線でとんぼ返りをして来ました。
ちなみに帰りの新幹線では駅前の本屋で見つけた「無限の住人」の最終巻を読みましたが、あまりの読み応えにその間の移動時間が全く感じられませんでした。面白かったー。
読み終わった直後に感じられたのは、きれいに終わったスッキリ感と一抹の寂しさ。加えてバキバキになった肩こり感。
一体、どういう姿勢で読んでたんだ?
何しろ時間も感じないくらい夢中になって読んでたので、さっぱり記憶に無いです。

さてさて、今は何をしているかというと、今月末発送予定のダイ・ソード<インティグラル>の準備とギガドリルの変形及び合体システムの設計です。
実現出来るんでしょうか?んー、多分。
というか、やってみせます!
自分の仕事のやり方はいっつもこういう毎回フルパワーのぶっつけ本番です。
それだけに出来た時の感動はひとしおです。
皆々様にもその辺の気分を是非、共有していただきたいと思ってヒミケンページを続けているワケですが、悲しいかな文才が乏しく、なかなか上手くやれません。
ちなみにギガドリルの募集は後からになりますが、ご予約をいただいたお客様優先で、本体と同時にお届け出来るようにしたいと思っています。
これは絶対に本体と一緒に欲しいものですから。でしょ?

実は続きのグレンウィングの方でもやりたい事があるのですが、こっちの方はさらに実現が難しそうなので、目処が立ってから発表しようと思います。
出来たらスゴいです。自分でもそう思います。

新要素が出るたびに一緒にドキドキしながら、リアルタイムでご予約を入れていただければと思います。
なので、グレンウィングの準備ができた段階、または本体の予約数がある程度行った段階で本体の生産を止めてグレンウィングに切り替えることになると思います。

全部の要素が出るのを見極めてから買おう、という「様子見」の方は場合によっては、逆に手に入らなくなってしまう可能性もありますのでご注意を。
どのタイトルもそうですが、必ず追加生産が出来るとは限りませんので。

今日は、久々に書きたい事を書く時間が取れましたが、まだまだ伝えたい事は山ほどあって、到底足りません。
その辺はまた次回以降で、という事で。

それでは。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: グレンラガン, 日記 パーマリンク