ウチのプリンターは特撮ファンと発覚。

現在、ダイソードの説明書作成でフル回転しております。
回転・・・という程テンポ良く作業が進んでいるわけではないですね。
前任者が作った過去作品の原稿をマニュアルや参考書をみて解読しながら進めてます。
SFやアニメでそういう設定の話がありますよね。異星人のや古代の遺跡の宇宙船を無理矢理動かして脱出する、とかそういうの。
そんな気分でやってます。
今はそんな状況なんで当コラムの原稿を書いている余裕もほとんど無い状況です。これを読んでいただいてる方がいるのに申し訳ないんですが。

で、上記の作業中に面白いハプニングがあったので、それをちょこっと載せておきます。

パッケージラベルのデザインが出来たので、これを試しにプリントしてみたところ、見事に途中でトナー切れになりまして、それのしくり具合がなかなか気が利いてるんですねー、これが。

・ ・・こんな感じ。なかなかベルトで変身するあの人っぽいです。
なかなか気が利いたプリンターです。ファンなんでしょうか?

作ってないですよ、ホントに偶然。
ただ、人型の方のど真ん中で色が分かれてたら、おそらくどんなに偶然と主張しても信じてもらえないでしょう。

というわけで、すいません長谷川先生。差し障りがあるようでしたらすぐ引っ込めますので。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: ダイ・ソード, 日記 パーマリンク