出来るだけ効率的なカンズメ状態です。

えー、2週間ぶりのコラムとなってしまいました。なんとか生きております。

現在取りかかっている磨きの作業が思うように進まず、なかなか厳しい状態です。
ひとりだけだとこういう作業の時には本当に焦れてしまい、アシスタントが欲しくなります。

ただ、「ここの部品の噛み合わせはもうちょっとキツい方が良いのでは?」などといった細かいところは、設計した本人しか判らないものなので、この辺は良いところですかね。
自分には作業がキツい分、作業全体に目が行き届くので確実に質は向上します。良し悪しですねー。

仕事に合わせ、最近の生活のサイクルは通常よりもかなり厳しくなってきています。
今までの追い上げの時は睡眠・運動・外出を一切やめてひたすら作業だけをやろうとしていましたが、あまりにも終わった際に自分がボロボロになってしまううえ、効率的にもあまり良くないのでは?と思いあたりました。

今回は、徐々に体を慣らしつつ、平常時に行っているブートキャンプやランニング・筋トレなどの運動を続けながら、仕事の集中力を緩めずに睡眠時間を減らしていっています。
ちなみに今は睡眠2〜3時間で、今頃になってやっと安定してきている感じです。
意識もはっきりしていますので、集中して作業に入れています。この状態の作業が一番進みが早いのです。

さすがに外出は出来ませんが、ランニングの時は外に出られるのでちょっと楽しみ。まあ、犬のお散歩みたいなもんで。

作業的にもそろそろゴールが見えてくる頃なので、あともう一踏ん張りといったところです。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク