ダイソード終わったり、戻ったり。

ダイソードの設計がついに完成しました!
現在、原作の長谷川先生に報告するために各形態の画像を用意しながら、各部品のチエックを行っています。
ホントは全部、完璧に完了してから当コラムを書こうと思ってたんですが、すでに金曜日になってしまったので現状報告です。

長い期間にとびとびで作業していたため、微妙にめり込んじゃったりしてるところが出てますね。
一つの空間にいろんな要素を詰め込まないといけないんですが、長期間にわたって作業しているとたまに幾つかを忘れちゃってたりします。
まあ、大方の構造はしっかり出来てるんで、修正自体はそんなに大した作業じゃないんですけどね。

これは今のような作業方法についてまわる問題ですね。
最近は対策として、思いついたアイディアや翌日に持ち越しそうな作業は出来るだけ画面上に書き込んで保存をするようにしています。
なんだか映画「メメント」でその日の記憶を体に入れ墨していく主人公みたいですね。
なに?!もしかしてオレって記憶障害の人?!
いや、単純に年のせいだと思うんですけどね。

長谷川先生から許可をいただき次第、ヒミケンの方にも画像アップするつもりなんで、お楽しみに。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク