良い仕事になるにはノリが大事です。

どーもここのところ世の中で色々あるせいか、コラムの話題に困ります。何食って美味かった!とか、楽しかった!とはどうも書きづらいです。自粛というほどではないんですが、現地の人たちの事を考えちゃうとなかなかね、そういう気にはなれないんですよね。

とはいえ、しっかりと生活していかなければいけないので、仕事の方はちゃんと続けています。

現在、新作の「完全変形ダイソード」の設計中であります。
久しぶりのウチの変形ものの新作です。
ここしばらくずーっと他所の製品の仕事をしていただけに、なんだか不思議な感じです。自社製品ならではのやりがいが非常に感じられますね。
CADによる具体的な構造設計作業は数日前に始まったばかりで、それまでは延々と構造のアイディア出しをしていました。
このユニットをここからあそこへと移動するにはここにヒンジを入れてー、とかいやいやそれだと都合が良くないからスライドにしてー、とかを考えては描き、考え直しては描きというのを繰り返します。
メモ用紙に、子供の落書きのようなのを延々と描き続けているうちに、山ほどあったメモ用紙があっという間に無くなります。

で、ひととおりの構造の方針が決まった段階でやっとCAD設計に入るわけですが、具体的な作業に入ってみると考えていたアイディアが使えない!なんて事も頻繁にあります。
そうなると一からやり直しで、またブツブツ独り言を言いながらのメモ用紙へのお絵描きを繰り返します。

多分読んでいる方にはシンドそうに見えると思いますが(いや、実際シンドイんですが)、ちょっとづつですがノリも良くなって来ました。こうなって来ると、良い仕事になるんですよー。
いやー、ホント久しぶりだなー。

楽しみにしててくださいね。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク