毎日少しずつ・・・っていうのが良いのです。

いやもう、色々ゴタゴタしてまして、またもや原稿を書くのが遅れてしまいました。
自分もなんとか頑張っておりますが、なかなか物事を良い方向に持って行けません。ホントにゲッソリしてしまう事もあります。

日々、健全に暮らして行くには気晴らしが必要です。何か没頭出来る事が趣味であると良いですね。
自分の場合、趣味がそのまま仕事になっちゃいましたので、気晴らしとなるような事が無くなってしまっており、それが悩みの種でしたが、昨年よりやっと趣味といえるような事をやっております。

昨年に安いキーボードを通販で買い、毎日仕事の合間にポロポロ弾いております。
弾く、と言っても小学生の頃にピアノを習っていた程度なので、イヤもう、辿々しいのなんの。いわゆる「猫踏んじゃった」レベル。
なんとか楽譜は読む事は出来るので、駅前の楽器屋さんでジャズのスタンダード・ナンバーが載っている楽譜を買い、それの1曲を延々と練習中です。

わずか3ページ分を弾けるようになるのに3ヶ月もかかり、いまだに最初の1曲も弾けない状態です。1曲全部弾けるようになるまで果たして、これからどれぐらいかかるものやら。
ましてや、いつも仕事中に聞いているCDのミュージシャンのように弾けるようになるのはいつの事か、想像する事も出来ません。
ああいう風に弾けたら相当気分良いだろうなーと思って始めたんですがねぇ。
とはいえ、練習中は弾く事に集中して他の事は考えませんから、かなり良い気晴らしになっていると思います。

これと同じように、現在準備中の自分の作品のキットが、お客さんの気晴らしになってくれればなぁと思います。
完成品も良いかもしれませんが、自分はキットの方が好きですね。
何しろ時間がかかりますから。プラス愛情ね。
毎日毎日、ちょっとづつ作り進めて、没頭する事で日々の憂さから離れた時間をすごせれば、かなりの気晴らしになると思います。
完成間近になれば、明日が楽しみになって来たりもします。

そういうかたちで、自分の作品でお客さんの日々の生活を少しだけ楽しく出来たらなぁ、と思っています。

自分は作品作りしか能のない人間なんで、もし世の中に貢献できるのであれば、やはりこういうかたちになるのかなぁ、と思っております。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記, 未分類 パーマリンク