今年のクリスマスイブまでに何とかなるか!?

もうそろそろ、自分が尻の方でヒドい目にあって1年になりますが、いまだ手術はしておらず、当然治ってもおりません。
なにしろ年がら年中仕事でしょう?ヒマになるなんて事がないんですよ。
前にも書きましたが、入院中パソコンも使わせてくれるような病院も見つからないし。
用心はしているので、去年のクリスマスのような大変な状態にこそなってはいませんが、「おっ!?なんかヤバいかも!?」と感じる事は何度かありました。
ああ、ヤだヤだ。

このまま、ず〜っと放ったらかしというわけにもいかず、そろそろ1年もたつのでどうしたもんかな〜と思っていたところ、ひょんなことから何とかなりそうな病院を見つけました。

まだ、診てもらったわけではなく、サイトの案内を見ただけなんですが、日帰り手術をしてくれるところで、自己負担の費用もあまりかからないそうです。
いいですね〜。去年診察に行った、日帰りレーザー手術を宣伝している病院は数十万かかるなんて言いやがりましたからねー。

あと、案内に書いてある良いところは、この病院は脊椎への麻酔もかけず、服用等での麻酔を使用するそうです。

実は、自分は脊椎への注射での麻酔が怖くて仕方がありません。
以前、盲腸をやった時に、手術の時に脊椎に注射をされたんですが、その時にヒドい目に会わされました。
注射をされる時に注射針を刺されると、反射で体が動いちゃうんですよ、自分の意志とは関係なく。
「動かないでください!」なんて言われたんだけど、反射なんでどうにもなりませんでした。結局、何度も刺されて痛い思いをしたにも関わらず、麻酔の効きが悪いので全身麻酔に切り替えられました。
そのうえ、脊椎に注射している時に動いちゃったせいで、注射針が曲がっちゃいました。針が折れて脊椎の中に残っちゃったりしたら、半身不随になっちゃったりしてたかもしれないそうです。
ゾ〜ッ。
その後、知り合いからその病院が地元では有名なヤブ医者だと聞かされて、再びゾッとしました。

そんな記憶があるもんで、脊椎注射による手術がイヤでイヤで仕方がなかったんです。
いや、もちろん手術には必要な措置なんで、覚悟はしてましたよ・・・ホント、マジで!自分は覚悟完了してました!行くつもりでした!

でも、今度の病院のサイトの案内には脊椎麻酔やらないって書いてあったので、うれしかったですねー。ヤッフー!

というわけで近々、できれば今月中くらいにはなんとかしてもらいに行きたいと思ってます。

完結編も近いうちに書けるかも。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク