今年は最後まで大変です。(発症編)

今年最後のコラムになります。スタッフはついに昨日をもって解散し、今は会社で一人でこのコラムを書いています。
みんな本当に最後までがんばってくれました。
改めて、この場でスタッフの諸君と応援をいただいた方々にお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

さてさて、今年は本当に色々とありました。
毎年、イベント盛りだくさんなのですが、今年は例年に比しても相当なものでした。
・・・いやー、今年は大変だったなー、フー・・・なんてそろそろしみじみしそうなタイミングのはずなんですが、来ましたよ、先週にすごいのが一発。
あ〜、まだなんかあんのかよ、と思わず言いたくなります。ホントにね。

ここからはシモの話になるんで、食事時の人がおられたら読むのはやめといて下さい。

事の始まりは先週の半ば頃から。
1日がかりで仕事道具のノミを研ぎ上げまして、その日の夜ぐらいから一気に尻が痛みだしました。
えー、そうなんです。自分は痔主なんであります。
だいぶ前からなんですが、何度か腫れ上がった事がありまして、その度薬を塗ってしのいでいました。
数日我慢すれば腫れが引いてしまうので、まあいつものヤツか程度に考えていたのですが、今回は予想に反して腫れが引かないどころかどんどん症状が悪化していき、痛みもシャレにならない状態になりました。腫れ上がっている患部も触った感じだとこれまたシャレにならないくらいデカイ。
痛みも半端ではなくて、とにかくどんな体勢でも痛い。
特に立ったり、座ったり、歩き出したりの動作を始める時がキツくて、
「おお〜ウ・・・。」
その都度、うめき声がつい出てしまいます。

で、先週の12月24日、ついにどうにもこれ以上我慢をするのは限界と考え、自宅の近所の肛門科に帰宅のついでに行く事にしました。
折しも世間様はクリスマス・イブです。
華やかな雰囲気の町を大荷物を背負いながら、うめき声を上げながら歩行するオヤジが一人。

なんとか、病院にたどり着き、診察をしてもらいました。
医者「ああ、ここまでになっちゃうと、入院して手術しかないですね。」
・・・オオ〜ウ・・・、メリークリスマス・・・。

(来年に続きます。)

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク