久しぶりに絵を見てきました

あいかわらず、バタバタと出たり入ったりの日々が続いていますが、ちょっとずつ余裕が出てきてます。

先日、横浜の美術館でミヒャエル・ソーヴァという画家の展覧会に行ってきました。
ドイツのアーティストで、いまは主に童話の挿絵などを描かれているそうです。
映画「アメリ」で使われていた、ヒロインの枕元の豚の人形のスタンドや壁に飾られている絵の製作もされていて、自分はその辺りを知って興味が湧き、行ってきました。

各作品はちょっとずつユーモアがあって、とてもいい雰囲気です。
背伸びをせずに自然に楽しめるようで、見ていて気が楽でした。

ただ、作者ご本人は何度も何度も上から塗り直してしまうぐらいのこだわり方で、買い手がついてる絵にも関わらず、

「結局、丸ごと書き直しちゃった。買い手が来たときにはちょっとだけ見せて、すぐに隠しちゃったよ、ハハハ・・・」

などと、上映されていたインタビューでも話されていました。

気楽なようで、深いようで、でも疲れない良い作品でした。
自分も気負わず、自然体でやれたら良いなあ、と思いました。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク