「おはようございまーす!」

先週木曜日に『完全変形マニューバ・ブレード(仮)』の設計が上がり、木・金・土曜日の晩は久しぶりにたっぷりと睡眠を取って休養できました。
体力も戻ってきたので、休止していた筋トレも再開しましたが、三週間もまったく体を動かさず、ズ〜っとコンピューターの相手をしていたため、もはや以前の体力は微塵も残っておらず、いやもう、半分のメニューでもキッツイキッツイ。
一年以上サボらずにやってたんですが、一からやり直しですね、あ〜あ。

ただ、体を動かさず設計ば〜っかりやっていた三週間の間、ずっと悩まされていた肩こりによる頭痛は、早速、減り始めました。
その間、頭痛薬を飲みっぱなしだったので、これは非常にありがたいです。
人間、体も動かさなきゃいかんな〜と、つくづく思うのですが、実際設計の仕事が大詰めまでくるとそれどころではないのです。
全てのエネルギーをそっちに振り分けなければ、到底自分には終らせることができません。

さて心機一転、休息も取ったところで、次なる作品に取りかかろう思っていたところ、ちょっと事情があったため、昨晩は自宅で眠ることができませんでした。
それじゃあ、朝早めに会社に行って、一時間だけでも会社の休憩室で寝てしまおうと、早朝出勤しました。
朝食をとったあと、貴重な、貴重な一時間の睡眠をとるためゴロッと横になりました。
寝ついてからしばらくして、ふと気が付くと誰か大声で叫んでいるのが聴こえます。
寝ぼけまなこで休憩室から出て見てみると、会社の入り口に運送屋のオヤジさんが立っていました。
満面の笑顔を浮かべて。

「お早うございまーす!」

あ〜もう、オヤジさん元気良過ぎ、つーか歳の割りに、さわやか過ぎ。

「カギが開いていたので、早めに持ってまいりましたー!」

あーそうですか、そりゃありがとうございます。
・・・そーいえば、自分が会社に来たときにカギを閉めてなかったんだよなー、大失敗。

で、荷物を受け取り、オヤジさんが帰ったあとに時間を見てみると、40分弱しか寝れてないのが判明。
寝直そうとしましたが、もはや目はギンギンに覚めてしまい、まったく無理。

あー、はやくも次の仕事の眠れない日々が始まったようです。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク