我が社の作品は勇気の証なのです。または、ウチの作品で勇気を奮い起こしてください!

今日は久しぶりに大マジメな話です。

世間様は景気が悪く、大変な有り様です。
およそ働いていないなんて人はいないと思うので、誰でも何かしらの影響は受けておられると推察します。
なに〜? 僕は学生だから関係ないや、だとう〜?
なら、キミの分だけ親御さんが大変なんじゃ〜!

ま、こういう世の中ですので、ウチも全く影響がないというわけではありません。
ただでさえ、バカ高い値段の作品を値引きなどは一切せずにやっておりますので、欲しい!と思っていただいても悔しい思いをしながら、諦めた方も多いと思います。

さて、今回は世の中の景気の悪さを一緒に嘆こうと、こういう話題を書いたのではありません。
こういう時期だからこそ、勇気を持って乗り切りましょう、と言いたかったわけ。
自分の作品が何かしら、その助けになれば良いなあと思います。
(本当に申し訳ありませんが、値段は安くなりません! まったくもって、これでもギリギリなんです・・・)

どーも最近は、何でもすぐに全部手に入らないと気が済まない! という人が多いようです。
でも、ウチの作品は高価だしこういうご時世ですからねえ、買えないときは買えませんよね。
ならば、来るそのときまで、資金を蓄えてはいかがでしょう?
コツコツ貯めていって、それを手に入れる瞬間を想像しながら、毎日をちょっとずつ楽しみながら過ごせれば・・・それは、とても「良い時間」なのではないでしょうか。
で、実際に本物が手に入る瞬間が来たときは・・・その喜びたるや、大変なもんです。

ウチの作品を買わずに、自分で作る方向で挑戦するのもいいでしょう(商売でやってる自分が言うのもナンですが)。
すぐに、プロ級のものを作るなんてのは難しいと思いますが、コツコツ続けていけば、いつかはできるかもしれません。
たとえ、上手くいかなかったとしても、その時間は何ものにも代え難いほどに充実していると思います。
さらに、次に挑戦するときには、着実に上達している自分がわかるはず。
素晴らしいと思います。

日々の暮らしが大変でも、その中でほんのちょっとでも楽しみを作って生きていくことが大切なのだと思います。
いまは無理でも、諦めるのではなくいつかは手に入れる! いつかは作り上げる! って、心意気があれば、結構大変な状況でもやっていけるもんです。

みなさん、厳しい状況でもそれなりに楽しく、がんばっていきましょう!

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク