性格上、加減がわからないのです

毎度のことですが、設計で再びカンヅメ状態です。
今は、『完全変形ライキング(仮)』とそれに付属予定の『クラブバンカー』の設計を行っています。
あと数日で完了の予定。

長期のカンヅメだと体力があっという間に落ちるため、毎日の運動はかかせません。
いまや社長室となっている、我が社休憩室の畳一畳分のスペースでの運動は、けっこう功を奏しているようで、たまに用事で外出するときなども、特に息切れ等の体力低下は感じられません。
珍しく良い習慣が身に付いたようです。

で、昨日も調子に乗って、いつもの日課の筋トレや柔軟をやってたんですが、ここ数日徹夜を繰り返していただけに、ちょっとキツかったです。
身体が重く感じられるのに加えて、なんだか身体が硬い感じ。
まあ良くあることなんで、気にせず足を開いてグイグイ前屈運動をしていると、いきなり、

ゴグッ!!

足の付け根の辺り(多分ボールジョイント)が凄い音を立てました。
もちろん痛い!
一瞬股関節を脱臼したのかと思いましたが、はずれてはいないようです。
ただ、周辺の筋はジンジンしてます。

その後は特に何もなかったのですが、今日になってもいまだに太股の後側の筋が痛みます。

ウ〜ン、なんか結構ヤバかった感じがするなあ。
調子に乗りすぎたようです。
気を付けます。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: ライキング, 日記 パーマリンク