メガネ屋に行ってきました

突然ですが、今日は横浜駅近辺に行ってきました。

現在使用しているメガネのレンズのコーティングが剥がれてきたうえ、傷だらけで曇りガラスのような状態になってしまい、昨日ウチのスタッフのT君にそれを見せたところ、しこたま怒られたためです。

T君「ダメでしょ、こんなの使ってて! 目がダメになっちゃいますよ!?」

イヤ、理屈ではわかってたんですが、メガネのレンズを新調する、なんてのは大変な出費を強いられそうなイメージあるんで、ちょっと先送りしてたらこんなザマになってしまったわけです。
さすがに自分で見ても、あまりといえばあまりな状態なので、横浜であれば安いのを(緊急用ですからね、安いので良いです)売っているであろう、ということで今日になって行ってきました。

いざ探してみると、ホントにありました。安いですねー。
レンズとフレームのセットで¥5,250だそうです。
しかも、受け取りは45分後。
あっという間ですねー。
お店のバックヤードに、客が選んだフレームに合わせて丸いレンズを切削する機械があるようです。
ムウ〜、見たい!
見たいんですが、その辺は無理そうです。
とりあえずただ待っているだけではなんなので、待っている間に他の用事を済ませて、その後メガネを受け取り行きました。

仕上がったメガネを試しにかけてみました。

店員さん「いかがですか〜?」  

度は、前回のと変わってないんですけどね〜、やたら見えすぎて頭がくらくらします。
いかに前のがダメになっていたのかが、分かります。

いま現在でもまだ、ちょっとふらふらします。
すぐ慣れると思うんですけどねー。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク