よそ見をしなければいいってことなんですけどね

ついさっきなんですけどね、会社のコピー機の角に思いっきり腰を打ちつけました。

もともとかなりの手狭ってのもあるんですけど、考えごとプラスよそ見をしながら歩いていたもんで、まったくのノーブレーキでコピー機に突っ込みました。
人間、無意識のときの動きの力ってのは相当なもんで、その勢いでどっかにぶつけるとかなりのダメージを被りますね。
実際、今日の自分は一分弱は前かがみの状態で固まってしまいました。

だいぶ昔、自分が合気道の道場に通っていたことを思い出しました。
腕を掴んでいる相手を、腕を振り落として転ばすような動きがあったんですが、そのときの動きが先に書いたような無意識でやる勢いなんですね。
そんな程度で相手が倒れんのか? なんて当時は思ってたんですが、実際倒れちゃうんですから不思議。
ちょっと思い出しちゃいました。

無意識の状態の動きってのは凄いですねー。
自分が設計で無意識になっちゃってるときのは、別の意味で凄いんですが。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク