上映前からハラハラ

ウチの仕事、特に自分の場合はノリというか、気分で仕事の速度や質が変わります。
先週もそうだったんですけど、だいぶここんトコね、溜まりがちです。

で、昨日は月曜日早々ですが映画に行ってきました。
「インディ4」を見てきました。

映画には自分1人ではなく、ウチの見習いたちも拉致って行ってきました。
平日のせいか、劇場はがら空きで良い席が取れました。
良い席が取れたところで、トイレに行きます。

で、帰りが問題。
この映画館はトイレが劇場の外にあるため、再入場のためにチケットの半券を持っていなければいけません。
ところが、一緒に劇場から出たニシが半券が見つからないと言い出しました。
体中のポケット、財布の中もあらためましたが、一向に見つかりません。
すでに上映開始までは8分を切ってます。
ちょっと軽くパニックの臭いが漂って来てます。
ニシ、ピーンチ! 先に自分が中に入って通り道に半券が落ちていないか確認しましたが、見当たりません。
席の方に行ってみると、席の番をしていた細井がトイレにダッシュしていきました。
こっちもピンチだったようです。

結局、どうなったかというと数分後にニシがノコノコ登場。
財布の奥~の方に半券が入っていたそうです。
ヤレヤレ。

なかなか冷や汗モノでしたが、映画自体はとても楽しかったので、帰って来てからはいい感じにテンションのベクトルが設計に向いて、この日は良い密度で仕事ができました。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク