目撃! JRの守護神!!

先日、会社へ車を使わず電車で出勤をしました。
非常に混む路線で、毎朝これに乗って出勤をする人達はホントに大変だなあと改めて思いましたが、そのときの話。

乗り換えで、あるJRの電車に乗ったところ、何やら騒がしい様子です。
背中越しに叫び声が聞こえてきます。
振り返って見てみると、車両端の優先席エリアのドア付近をちょうど境界線にして、その上に仁王立ちした小柄なオバサンが怒鳴り散らしています。

狭い電車の中で何を騒いでいるのかと、ちょっとムッとしながら集中して聞いてみると、叫び声の内容がだんだん分かってきました。

「こっちに入ってくるんじゃない!」
「そこのあなた! ソレ(恐らく携帯)を切りなさい!」

しょっちゅう怒鳴っているのかというと、そうでもないシチュエーションもあるようで、

「貴方、こっち来て座ったら?」

どうやら、自分と同年代かそれ以上の女性には甘いようで、優しく声をかけたりしています。
声をかけられた当人はかなり困っていたようですが。

オバサンはなんの理由でかは分かりませんが、その優先席エリアを外敵から守っているようです。

自分には以前、行儀の悪い学生をしかりつけたらそれを見ていたオバサンに逆に叱られた、なんて体験があり(それ以来馬鹿らしくなってしまい、行儀の悪いやつがいても注意なんてしなくなりました)、それを考えるとあながち、ただの困ったオバサンとも思えなくなり、このまま、あの車両の秩序を守り抜いて欲しいと思いました。

・・・と、思ったのは自分が怒鳴られた当人ではなかったからかも。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す