スローライフな「吸血鬼モノ」のようです

前回の話題の本は、見事読破。仕事とあわせて、箱根駅伝のごとくのペース配分で読みました。本来ホラー小説ということで前巻を借りたのですが、いっこうにそういう雰囲気にならないので、種類を間違っちゃったかと不安になりましたが、やっと前巻が終る頃にそういう雰囲気になってきました。よかったよかった。でも、あまりにも前振りが長いので、これはどうかと思うゾ。映画だったら、途中で帰っちゃう人もいるかも。

とはいえ、いつもの大好きなパターンになってきたので、早速下巻を借りてきました。

今度はチョコチョコながら、ハイペースで読み進んでいます。    

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す