幼稚園/保育園で風邪が流行ると、園児の家族は一気に全滅します

一日の出だしである朝に起きた出来事で、結構、その日の気分が決まっちゃうってことありますよね。昨日の朝はちょっと面白いことが。

会社に出勤する前、立ち寄ったATMが混んでいて、歩道でぼーっと順番が来るのを待っておりました。この信用金庫は、以前使っていた某大手バカ銀行(あーもう、実名を挙げたい!)に比べて圧倒的に親切、というかマトモなんで、自分は気に入っているのですが、最寄りのATMが1台しかなくて、混む時はすごい列ができちゃうのが、玉にきず。

S支店長、このコラム読んでたらATMを2台にしてください、お願いします。

で、毎度おなじみで並んで待っていると、歩道の向こう側から、近所の保育園の子供たちが保母さんに引率されてやってきました。子供たちの列がちょうど前を通過するとき、先頭から何番目かの(何歳くらいですかね?4歳ぐらいかな)女の子が自分に向かって掌を向けてきました。

なんですかね? タッチをしたいのか? と思い、反射的にこっちも掌を向けると、やはり予想通り女の子がパチンッとやってきました。その後、自分が手を下げる間もなく、列の後ろの子供たちが順々にパチンッ、パチンッとやっていきます。10人分ぐらいつきあわされました。

こちらとしては「???」といった気分なんですが、子供たちにしてみれば自然なことらしく、みんなケロッとしてました。子供は面白いですねー。付き添いの保母さんは「すいません、すいません!」なんて謝ってましたが、こっちは全然楽しかったので、謝る必要なんかはないんですけどね。ノー・プロブレムであります。

面白い体験ができたおかげで、その日は気分良く会社で仕事を始められました。

しかしながら、夜になって、はたと気がつきました。タッチをしていった幼児軍団のうち、約1名(男の子)が鼻から大量にハナミズを垂らして、ニヤ〜ッと笑いながらタッチをしていってくれましたが、もしかしてヤツは、その手で何度もハナミズを拭っていたんじゃないでしょうか? オイオイオイオイ、麻疹なんてやってないだろうな?

でね、なんだか痒いんですよ、全身が。何かそれっぽいのも体に出てるし・・・大丈夫でしょうか? 朝の気分がどうのって言ってる場合じゃないかもしれない・・・。発症したおりには、朝イチで会社の連中にタッチをしに行こうと思います。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す