順天堂大、今井選手サイボーグ説(蒸気機関)

皆さん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

今年は「お年玉企画(現在は終了いたしております)」などを考えてみました。新製品限定ではございますが、ささやかながらキャッシュバックを設けさせて頂きましたので、是非ご利用いただければと思います。

さて、恒例ですが、自分は年末正月は自宅にこもって主に「ガイキング・ザ・グレート」の設計をやっておりました。ほ〜んとこもりっきり。ヒミケンの方でもレポートしましたが、非常に大変な箇所がありまして、そこを解決するのに大晦日までかかってしまいました。その後は順調に推移していますので、もうそろそろ終わるんではないかと思います。

去年は箱根の大学駅伝のテレビ中継を初めて見て、非常にハマりました。で、今年は頭から見ようと、早起きをするつもりでしたが、さにあらず。寝坊をしてしまったため、テレビを点けた時にはもう小田原の近くまできてしまっており、すでに半ば。

しかしながら、去年びっくりさせられた順天堂大の今井選手の出走には間に合いました。今年も彼はすごかったねー。ちょっと普通の人では無いです。中継の解説者も「彼が早すぎるので、他の人が遅いわけではない」みたいなことを言っていました。いや、しかしホントにすごいランナーだ。上り坂で、後ろの方から何人もの選手を抜いていていく様は圧巻でした。

後ろの方からガッシュ、ガッシュと迫ってくるのは嫌だと思いますよ〜、他の選手は。

ちなみに今年は、彼が『蒸気機関』で動いているのを発見! その証拠に口から白い湯気が出てました! それは単に箱根が寒いからでは・・・? いーや、絶対、『蒸気機関』です! どうりで早いわけだ。

バカな話はさておき、今年もがんばりますのでどうぞよろしく。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す