なにしろ資料は捨てられませんから・・・

いつも、野毛山と新企画の打ち合わせというか、しょっちゅうバカ話をしてて、それが知らない間に企画会議になっちゃったりしてるんですが、今日も例に漏れず新企画っつうかバカ企画をいろいろと話しておりました。

あれの形がどうなってるんだとか、色が分かんないとかそんな理由で資料庫を開けてみました。・・・ギッチリ。改めて見てみるとかなりすごい事になってます。どれが何やらというか、手に入った資料は片っ端からぶち込んじゃってるんで、もう大変な量。以前、スタッフのT君にきれいに整理・分類してもらったんですが、もう見る影もありませんな。

で、探している資料は以外にすんなり見つかっちゃったりするので、自分の頭の中もおそらく同じ様になっているのではないかと、しきりに感心してみたりして。

でも、このままではちょっと問題がありそうなので・・・T君、またよろしくお願いします。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 製作全般 パーマリンク

コメントを残す