美術館に遠足・・・もとい、勉強しに行ってきました。

先週の土曜日に見習い組と鎌倉に行ってきました。観光じゃないですよ、お勉強です。鎌倉にある県立近代美術館に彫刻を見に行ってきました。今回の展示は、抽象彫刻家エドゥアルド・チリーダの作品です。でかさや重さの理由で彫刻展はどこの美術館でもそう頻繁には来ないので、こういうチャンスは逃すわけには行きません。

作品は上に書いた通り抽象的なものなのです。鉄やテラコッタを使った塊っぽいものが多かったです。全然小細工をせずに素材の風合いがそのまま出ていて、シンプルで暖かみのある作品でしたが、抽象モノなので何が何だか分かりません。見習い君達は退屈してしまうんじゃないかと心配していましたが、彼らなりに楽しんでいたようです。

まあ、それにしても観光客の多いこと。美術館のある場所が鶴岡八幡宮の境内にあるので、観光客とほぼ一緒に移動してました。せっかくなのでお参りにも行ってみたりして、さらにはおみくじなんかもやって来ました。

まず言い出しっぺのニシが「凶」。続けてそれを見て笑っていたスギが「大凶」。なかなかこういう取り合わせは無いんじゃないでしょうか。本人達はおみくじを握りながら、のたうち回ってました。

ちなみにに自分は「吉」、フオッフオッフオッ・・・。「投機的なもくろみを持たずにコツコツ仕事に励むがよろしい」との事です。やってますよー、こつこつと。『完全変形』のあたりの話ですかね。あんまりコツコツやってるんで、なかなか進まないんですが。

帰り道は完全に観光気分。途中でお土産やら手焼きせんべいを買って、バリバリ食べながら歩いてました。

勉強というよりもほぼ遠足な感じの一日でした。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す