果たしてハンデを克服して天才ギタリストになれるか?

皆さんはストレス解消に何をやってますか? サッカーを観戦して暴れまくる? ああそうですか、頑張って下さい。

自分の場合、設計の合間に本とかを読んでますが、どうも最近は消化しきれていないようで、なんか段々溜まってきた感じがします。このままではイカンので、他の方法を試しています。

ウチのスタッフのカワモッちゃんが持っている、光るエレキ(電子?)ギターを借りて自宅で挑戦しています。自慢じゃないですが、ギターなるものはこれまでの人生で触ったことはほとんどありません。弾けるといいなー、と思ったことは何度もありますが。

この光るギター、弦が張ってなくてそのかわり弦を押さえるところが鍵盤みたいなスイッチになっています。曲に合わせてぴかぴか光って押さえるところを教えてくれるんですねー。何を感心してるんだと思われるでしょうが、実際自分は楽器なんて全く触りませんからねー、すごく新鮮です。

早速、ギターが光って指定するコードを押そうとしてみたんですが、すんごく大変。ええ〜!? ギタリストってこんな大変な作業をシャカシャカ見ないでやってんの!? 第一指が届かなかったりするんですが・・・。ああ〜、指がつっちゃう、つっちゃう! そこでふと、左手の中指で押そうとすればする程違う方に行っちゃうのを見て、思い出しました。

10代の頃、丁度ガーランドを作ってるときですね、左手に持っている部品を切ろうとして、突然、部品が割れて左の小指の付け根をズッパリとカッターで切っちゃったことがあります。

結構深かったため腱まで切っちゃって、そのため小指の第一関節が半分ぐらいまでしか曲がらないンですね。おかげで、自分の世界的なピアニストになる夢は断たれてしまいました。最初ッから目指してないけど。

更に数年後、今度はバイクで事故って左の中指の先っちょが粉々。くっ付いたことはくっ付きましたが、指先は微妙にねじれてくっ付いちゃいました。このため世界的なギタリストの夢も終わってしまったわけです。これまた、最初ッから目指してませんが。

他にもズバズバ切りまくること、おびただしいです。どーりで、やりにくいわけだ。普段、仕事や日常生活を送る分には全然不自由が無いためすっかり忘れていました。まあ、沢山練習すればなんちゅうこともないような、ハンデなんですけどね。

というわけで毎日ジャカジャカ・ピクピク練習しています。気分転換及びストレス解消にはとても良いのですが、逆に上手くやれないと悔しいので、仕事に戻るのに非常に気力を要しています。ハッハッハ、本末転倒。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す