おお! 事実は小説より奇なり!

ごくたまーにですが、お客さんが当社までわざわざ(ちなみに当社は非常にいなかで不便な場所にあります)直接商品を買いに来られることがあります。1年に1回あるか無いかなんですが、その度にイベントがあります。

前回は、全然日本語がしゃべれない香港のお客さんを乗せたタクシーの運転手が、当社に電話を半泣きでかけてきて、ウチにたどり着いたことがありました。当のお客さんは大喜びで帰られたんですがね。

で、今回は比較的近場にお住いのお客さんが当社まで直接商品を取りに来られるとのこと。あらかじめ頂いていたお客さんの住所を見ると、ん? なんか見たことのある番地。気になったので調べてみると、なんと、ウチの大得意のKさんのお隣さん。何度も商品を送っているので、それで住所に見覚えがあったんですねー。

Kさんとは仲良しで、たまに遊びに来られたりもするんですが、ハハーン、さてはKさん、仲の良い隣近所とかにもウチの宣伝をしてくれてるんだなあ、と思ったわけです。

で、そのKさんのお隣さんが商品を受け取られに来られたので、その辺の確認をしてみると、

「?いいえ。勧められたわけじゃないですけど。」

! そういうこともありますか! 全くの偶然!? すごーく少ない確率で来社されたお客さんがお隣同士!

面白いですねー、どうせ少ない確率であたるなら、宝くじとかが当たる方がもっと面白いんですが。

それは置いとくとしてKさん、今度お隣さんから感想聞いといて下さい。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す