秋葉原、再び。

先週の土曜日に秋葉原に買い物に行ってきました。サンダーバード2号目当てじゃないですよ。会社に据え付けの塗装ブース用のファンを探しに行ったのです。

我が社が使用している塗装用のブースは買ってからかれこれ7年ぐらい経ちます。その間にブース内で吹きつけた塗料やらサーフェイサーやら離型剤やらは、大変な量です。実際、サーフェイサーを原型に吹きつけるときに部品を貼り付けて使うプラ板製の板の上には、塗料とサーフェイサーが堆積して、なんだか大自然で出来る不思議なオブジェみたいな形になっています。これをぱりぱりはがすのが結構快感なんですが、まあそっちの方の話はおいといて、それだけの量の塗料の類いが塗装ブースで吹きつけられているわけです。

それなりにブース内は清掃してますが、いかんせん、内部とかの細かい所までは手入れが行き届いていなかったため、ファンのモーター部がやられてしまいました。ある日突然止まってしまい、ウンともスンとも言わなくなってしまいました。

で、先週末に分解を試みたところ、まあ出るわ出るわ、泥状になったなんだか分からない物質が、モーター内部までビッシリというか、ベッタリというか、大量に溜まってました。頑張って内部の汚れを洗浄しましたが結局動かず、件のファンはあえなく昇天。塗装ブースが機能してくれないと色々と差し障りがあるので、ぶっつけ本番で、翌日、秋葉原に部品の捜索に行くことに。

以前のコラムを読んでくれている方はご存知だと思いますが、過去に数回、部品を探してさまよった経験があるため、今回はそれ程時間をかけずに目当ての部品を見付ける事が出来ました。場所は、駅から出てすぐの所にある部品の商店街、というか屋台ぐらいのサイズの店がビッシリ詰まってるダンジョンみたいな所です。

なんだかいかにもアジアな感じで面白い場所なんですが、店員の方々が相も変わらずフレンドリーで、とても素人が買い物をしたくなるような雰囲気じゃないのがどうにもまた、ってな感じです。でもやっぱり物は安いみたいですね〜。事前に立ち寄った横浜の大手某素材デパートで¥3,000で売ってた小型ファンが、その店では¥1,000でした。ちなみに自分が買った中型ファンは¥6,000でしたが、果たしてこの店の価格が適性で、横浜の店の方はバカ高く売っているのか? 疑問の尽きないところですが、目当てのものは手に入ったのでまあいーや。

で、明けて昨日早速ブースに新品のファンを取り付けたところ、バッチリ回りました。でも、会社の連中はだーれも誉めてくれません。頑張って直したのになー・・・。ねえ?  

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す