アッと驚く、その後ニヤッと笑う。それが大人の楽しみ方。

突然ですが、自分は手品とパズルが大好きです。作ってる作品を見てもらえば分かると思いますが、目がないです。よく本屋とかオモチャ屋さんで売ってる、ごっついメタル製の知恵の輪とか、いいですね。つい買っちゃいます。なかなか解けませんが。ちなみに、半年前に買ったのをいまだにガチャガチャやってます。ン〜、ムズイ! ただ、パズルってのは解けちゃった後は、自分にはほとんど値打ちが無くなっちゃうんで、解けないうちが華なんですね。よって楽しくガチャガチャやってます。

手品は今すごい流行ってますね。テレビでも頻繁に見れるんで、非常にうれしいです。一時、マリック氏の時はすごかったけど、昔はマジックショーなんてのは、大晦日の紅白歌合戦の前の時間ばっかりでやってた気がします。

先日、正月にやってた手品の特番を録画してまして、いまだにそれを見終わっていなかったりして。何しろ、コマ送りと巻き戻しを延々と繰り返してるんで、全然先に進まないんですよ〜。いまのところ2時間番組の半分ぐらいでしょうか? 全部見終わるまで、あと数週間はかかりそうです。

各マジシャンの技の不思議さに驚くのはもちろんのこと、どうしても、タネやトリックが解らないと気になってしょうがないンです。もちろん何回見ても解らないのもありますが、先日見たイギリスのマジシャンの技はわかりました。今度、実践してみようと思います。とはいえ、彼らの技やトリックの構築の仕方は、見事としか言い様がありません。まさに芸術だと思います。ホント。

で、現在準備中の『完全変形ゴーダンナー!!』ですが、この辺のパズルや手品のトリッキーなエッセンスをかなり入れたつもりです。面白いと思いますよー。さすがに、ぴかっと光って青から赤へというのは無理なんで、それ以外のギミックでフォローしてみたわけですが、ここ最近の自分の作品の中では、一番、ゲッターロボに性質が近いんじゃないかと思います。

自分と同じく、手品やパズルがお好きな方は手に取っていただければと思います。その後に、ニヤッと笑ってもらえばとてもうれしいです。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す