難しい本はホント良く寝れます。

相変わらずね、忙しいです。メチャメチャに。先週からいまだに内職さんの面接を続けてますが、今日がやっと最終日です。フー・・・長かった。で、こんどはアルバイトの面接の方が始まるんですけどね。

内職さんは、ドッサリ来て手数は大分増えましたが、まだ即戦力にはなっていないので、組立班が楽になるのは大分先の状態です。現在、自分も手伝ってます。主に担当はドラゴンカイザーとグレートの頭です。まあ「人形は顔が命!」とも言いますから、経験の浅い人にはやらせられません。

恐らく今回のドラゴンカイザーの商品のほとんどは、自分が頭を組み立てたものが届くと思います。心を込めて夜中の1時まで組み立てておりますので、もうしばらくお待ち下さい。ちなみにオクサーはその後に作ってます。

さて、四六時中仕事だけやってると頭が変になっちゃうので、最近はできるだけ就寝前に読書をするようにしています。いま読んでいるのは、バックミンスター・フラーの「宇宙エコロジー」。

この人はなかなか面白い人で、デザインを通じて哲学をする人です。書いている内容は、まだ読み始めア〜ンド難解なんでほとんど説明できませんが、現時点の科学技術で徹底した環境デザインを行なえば、人類が必要としているエネルギーは光と重力により無限に供給される、なんてことを言ってます。ジオデシック・ドームの基本設計理論(で良いのかな?)を考えたので有名だそうです。

自分が設計をするに当たって、何か得るものがあるんじゃないかと思って読んでるんですが、とにかく難解です。面白いんだけど。

で、当然ながら寝る前に読んでるんで、あっという間に眠くなっちゃうんですね。1日1ページ読めれば良い方かな? 果たして読み終わるんでしょうか?

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す