スイマセン、今度のゲッター原型はヨダレまみれです。

ここ最近、昼間と夜間で仕事の種類がくっきり別れてます。(この話は前にも書いたっけ?)昼間、会社にいる間は事務と設計のデスクワークがほとんどで、原型を造る等の実作業はほとんどやっていません(工房の作業机が泣いてるぜ)。

原型の仕事は、専ら自宅で夜間の10時ごろから朝の4時とか5時まで続きます。以前はホコリや臭いが出るので作業は会社、補助的な事務は自宅で! なんてやり方をとってましたが、何か違うんだよねー。今の方がとてもしっくり来るので、たぶんこっちのやり方が良いんでしょう。どうも自分にとっては物を造ってるのがかなり自然な事らしく、くつろいで仕事してます。

ただ、さすがに睡眠時間は圧倒的に足りないので、3時ぐらいを過ぎると睡魔のビッグウェーブが押し寄せてきたりするわけです。ガオファイガーを造ってた去年は、そういう時はバタンッとその場で横になっちゃって、居眠りをしても30分も経つとパカッと目があいちゃってました。

ところが、ここ最近それをやってそのままグーガー寝ちゃった事が数回あったため、怖くて横になれない。ガマンです! で、気が付くと、自分の手とか手元の部品とかにヨダレがだーっと垂れてくる。目は開いたまんまで。ひどい時は鼻からヨダレが出ちゃったりするし。(過去コラムを参照。すいませんねー、ヨダレの話ばっかで)こうなっちゃうとさすがに仕事の続行は不可能なので、あきらめて寝ます。

先日、上のようなへぼへぼな状態で終わってしまったその翌日、さて仕事の続きをやろうと材料が入ってる箱を開けると、本来、別のちゃんとした箱に保管しておかないといけない原型部品がボロボロ出てくる。

「な〜にやってんだかな〜」犯人は間違いなく自分です。さらに、箱の中に入っているドリルの刃を入れるツールボックスを開けると、その中からまたもや原型がボロボロ出てくる。あげくにミガキ処理用の当て木が入っている袋からは、今度はドリルの刃がゾロゾロ出てくる始末。

あまりのボケっぷりに自分のことながら爆笑しちゃいましたよ。『かたずける』コマンド以外は機能していなかったようですねー。

その後、さほど激しい小人の出現状態はありませんが、そろそろまた来そうな予感が・・・。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 製作全般 パーマリンク

コメントを残す