「ヴィドック」って面白そうだと思わない?

映画に行きたいです。そろそろ、正月ラッシュの客も行かなくなってると思うので、行きたいな〜。今のところよさげなのが「ヴィドック」と「仄暗い水の底から」。自分はホラー好きなので、ぜひ劇場に行って観たいです。

よく「どうせすぐビデオで出るから劇場で観なくてもいーや」なんて人がいますが、これは全くの間違いだと思います。

自分が観たい作品だったら、まず劇場に観に行くべきでしょう。観る場の雰囲気も作品を楽しむときの重要なファクターなわけで、たとえば、すごくおいしい料理を食べてるのに周りで他の客がギャーギャー騒いでいるうえ、たばこをブカブカ吸ってる様な店だったら・・・本来の味をホントに味わえる? 何かを楽しむには、それにふさわしいシチュエーションというのが絶対必要だと思うんだよね。

ことにホラー系は雰囲気が大事。やっぱ、真っ暗で良い音響設備の劇場じゃなきゃダメでしょう。何かの本で、お金のむだ遣いの一つに「劇場に映画を観に行くこと」が挙がってたんだけど、上で書いたように「すぐビデオが出るから、テレビでやるから・・・」というような理由でだったら、この著者は映画というものが全く理解できてないと思う。

映画館で払わされる入場料の中には、作品に対するものとそれに100%集中して作品を楽しむ場の雰囲気が含まれていると思ってます。それだけに、以前コラムで書いた、他の客の腰を折るような連中は、例の著者と同類。劇場で誰かの作品を楽しむ資格はないです。

おまえらは自宅でごろごろしながら、グズグズにカットされた民放の吹き替え映画でも見てろ! なーんてな。

さて、ちょっと攻撃的になってしまったのでやや反省。なにしろ去年の正月に相当イヤな思いをさせられたもんでね。誤解されないように言っておきますが、映画は劇場以外では観ちゃダメだって言ってるわけではないよ。映画を本当に楽しみたいんだったら劇場で観るべきで、劇場の値打ちがわからんやつは迷惑だから来るなって事。

ただ、映画館の入場料は確かに自分も高いと思います。残念ながら、すべての作品はフォローできないのでCS放送で観ちゃったりもしてます。もうちょっと安ければもっと頻繁に行けるんだけど・・・(仕事でいっぱいいっぱいでなければ)。映画関係者の方、どうにかなんないスかね?  
 
by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す