本屋さんの話

先日本屋に行ってきました。自分はあまりウィンドウショッピングとかはしませんが、大きめの本屋さんをぶらぶらするのは結構好きです。ただ、問題は興味のある本を見ると購入衝動をまず抑えられません。この間も例によって買いまくりました。内容としては、

「ポップアップブックの製作」の本
(飛び出す絵本ですね。前から作ってみたかった。)

「ジョジョの奇妙な冒険」の新刊
(このシリーズは激しく非常に好きです。)

「ハイペリオン」上・下巻
(SF小説。自分はバリバリのSFオタクなので平積みになってるこの手の本を見ると、全く我慢できません。がんばれハヤカワ・創元!)

「困った人とのつきあい方。」
(要するに変わり者への対処法なんですが、自分に思い当たる節があるので非常に面白いです。この辺は今度書きたいと思います。)

「女郎蜘蛛の理」
(京極夏彦スリラー?スゲー好き。でもぶ厚くて重いです。)

「電車の中で平気で化粧する脳」
(脳科学の本。最近のマナーの悪いガキとかは実は脳障害が起きてるそうで。かなり面白くて勉強になります。)

・・・等々。他にも色々あるのですが、くどいので以上。さて、レジに持っていって会計。

ドヒー! 1万円!?

 
月もまだ改まったばかりなのに、フトコロがやや心配です。実は、2週間くらい前も同じぐらいの量を買い込んでしまい、今のところやっと半分ぐらい消化出来ましたが、さらにいまだ未読の以前の分がドッサリ・・・と、本の購入スピードとそれを読む消化スピードがあわないので、自宅では未読の本がどんどん山積みになっていってます。このままではイカン!! どうしたら良いでしょう? こんな自制の効かない自分にアドバイスを下さい。

ちなみに、図書館に行けとか言うのは却下。返しに行くのがメンドイです。(オイオイ)

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す