ドキュメント焼肉屋の大惨事

先日うちのスタッフと焼肉屋に食事(食事といってもほぼ飲み会)に行ってきました。うちの連中は若いうえにアホが多いので食うわ、飲むわで大変な量となり、大概、誰かしらがつぶれます。毎回違うやつがつぶれるので、予想を色々立てたりして結構楽しいです。

で、今回はガチガチの大本命のT君。飲み始めてわずか3・40分ぐらいでぐうぐう気持ちよさそうに寝始め、小1時間も経ったところでいきなり上を向いたままゴボゴボゴボッ・・・。(技名 [ローリング・エクトプラズム!] 後日、本人談)
ヤバイ! 顔を横に向けないと死ぬぞ! 被害が広がる! 流れをせき止めろう!! てな具合で大騒ぎ。以前この店では別のやつがやりまして、多分もう行けないだろうなあ・・・。

さて、このまま店にズーッといるわけにもいかないのでT君が正気に戻るまでカラオケ屋あたりで時間を稼ごう、と言うことでグニャグニャのTくんを担ぎ出します。おい、T!カラオケ屋に行くぞ!

「・・・んー、なにがー?・・・」

えーい、幸せそうな顔しやがってこのやろう! こんな状態ではタクシーも乗せてくれないだろうから歩いていこう。で、真夜中の極寒の中を歩くこと30分、約1名を除いてほぼ全員酔いも覚め、なんとか目的地に到着。曲数も多くて結構いい感じになってきた所で今度は自分の頭がガンガン痛み出し、ひどくなる一方。どんぐらいかと言うと、頭の中で屈強な坊主が除夜の鐘を5年分まとめてたたくぐらいヒドイ(わかんねーよ!)。あまりにもキツイので自分は途中でカラオケリタイヤ。

ひーひー言いながら自宅に帰り、今度は自分がゴボゴボゴボ・・・T君のこと言えないやねー・・・。

以上、きたない話でスイマセン。

by T2高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す