読書の秋ですねえ・・・っていうか年中読んでますが。

ここ最近、版権元さんへ出かける用事が多かったため、移動中の電車でまとめて本を読むことが出来ました・・・幸せ。

まずは京極夏彦の「おんもらきの瑕(おんもらきの漢字は忘れた)」。スゴイ厚みなんですがあっという間に読み終わってしまいました。最後のトリックというか、タネの部分が読んでてすぐに解ってしまったのがちょっと残念。

もう1つはハイペリオン・シリーズの「エンディミオン」。こっちの方はホンッとに面白かった。このシリーズは話題に上るたびに勧めていますが、とにかく読んでみてください。ぜったいに損はしません。

さて、昨日からはこっちも自分が大ハマリのデヴィット・ブリンの「知性化戦争」シリーズの新作を読み出しました。冒頭から一人で盛り上がってニヤニヤしながら読んでます。食後に5分、風呂上がりに5分、設計の休憩時間に5分と、細かくきざんで読んでます。ホントはまとめて読みたいんだけどねー。こうでもしなきゃ読めないのです。

で、読み終わった本と、まだのものが本の山の中に混在して、収拾がつかなくなってきたので、先日整理を試みたところ、出るわ出るわ、買った憶えの無い本が。ここのところかなり忘れっぽくなっているせいか、全然記憶に無い本がざくざく出てくるのです。

「お! なんだこりゃ! スゲー面白そーだ!」(そりゃそうだ、自分で選んで買ってきてんだから)ちょっと得した気分になったりして。結局読み散らしちゃってその日は片づけられませんでした。ハッハッハッ!・・・もしかしてアルツハイマーか?

by 高島

高島 肇 について

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す