今度はヒザが壊れました。

過去の自分の記事を読んでみると、やれ体のここが壊れた、あそこが痛い、といったものが多いですね。
はい、そうです。例によって、今日もそのテのヤツです。

先日官公庁窓口の時間に間に合わせる為に全力ダッシュをし、自分の走行能力の無さを痛感したため、その後ジョギングをしてました(ランニング?どーも言い方が分かんないですねー。)

もちろん日課のブートキャンプも続けてるので、これと交互に行ってました。
しばらくしてヒザの痛みが出始めまして、これがどんどん痛くなる。
まあそのうち、なれるだろうと続けてたんですが、ヒドくなる一方です。
さすがにどうしたモンかと思い、ネットで調べるとかなりヤバい状況だというのが分かり、即刻中止しました。
どーも靴が合ってなかったらしく、このまま続けてたら走るのはおろか歩行も困難な事になってた可能性もあるようです。

靴は以前走ってた時に買ったワリと良いヤツなんですけどねー。
もっともそれを買ったのは10何年も前で、走ってたのも同じく10何年前なんで、今とは色々と条件は違っちゃってるんですけどね。

自分はスポーツはあまり好きではないんですが、走る事は例外で先日からのジョギングも結構気分が良かったんですが、また当分お預けです。
寒くなって来たせいか、今でもただ座ってるだけの時でも痛みが出る時があります。
よく年寄りがヒザが痛くて歩けない、なんてのを耳にしますが、こんな感じなのかもしれません。あー、やだやだ。

性懲りも無く、しばらく休んでヒザが良くなったらまた走ろうと思ってまして、その際には靴も新調したいです。
大手スポーツ用品のmizuno社のサイトでは色々な質問に答えると、自分に合った靴の種類を分析して教えてくれるサービスがありまして、自分も分析してもらいました。便利になったなー。
ちなみに自分の脚は思ったとおり、衝撃がモロに伝わるいわゆる「カタい脚」なんだそうです。
で、それに合った靴は1万2千円となかなかのお値段。
うーん、これはサンタかお年玉に期待したいところです。

サンタさん来ないかなー、今年も自分はワリと良い子だったと思うんですけどねー。

by 高島

高島 肇 について

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク