ストレス解消に体も動かしたいところです。

ここ最近、また読書量が増えてきました。ほぼ1日中設計の仕事をやってるんで、気分転換に必要な時間も比例して増えてきている様です。ただ、今回は材料を加工して造ったり、紙に自分で図面を描いたり、という手を使う作業ではないので、その分余計にストレスが溜まりやすいようです。

もちろんコンピューターも手を使って操作はしてますが、普段より頭で考えながらの作業が多くなっています。なんかね、どっか不自然ですよ、仕事が速くなるのは良いんですけどね。手を動かして造ってナンボの仕事の方が自分は好きですね。
 
さて、今のところ読んでいるのが京極夏彦のシリーズです。最近、映画でこのシリーズの第1作をやったところで、映画自体はまだ見てはいないんですが、そのキャステイングで読むと凄い面白いです。

小説を読んでいると、自分の頭の中で配役はそのままで別の話の映画が上映されているようで非常に楽しいです。特に阿部寛のキャラが良いです。設計の合間の休憩時間には、彼が高笑いを上げながら大暴れしてます。

by 高島

高島 肇 について

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す