ちなみに朝松健もお薦め。

先週末のこと、またもや本屋で衝動買い。ポップアップ・ブックを買いに行ったんですけどねー、文庫の平積みで見つけてしまいました。

「オオッ!? これわ!? タイタス・クロウの続編じゃないですか!」 

自分は、ホラー系の小説もえらく好きなんです。特にラブクラフトとかは“大”が付くほど。今回入手したのは、いわゆるラブクラフトの「クトゥルー神話体系」に関連する話。とかくホラーな映画・小説・コミックとかにネタとして使用されることがありますが、なかなかこの題材は使い方が難しくて、ほんとに面白い良作と思われるものは、ホントにごく一部。

で、このタイタス・クロウ(主人公の名前ね)のシリーズはかなりいけると思います。ラブクラフトとバローズを足して2で割ったような話になるってんだから、たまんないです。オカルティックでアクション性たっぷりでしかも設定の使い方が絶妙ならつまんないわけないだろう! と、期待してます。

わからない人には全然わからない、何いってんだコイツはってな感じですが、好きなんだからしょうがない。

今回は思いっきり、ド趣味な話でした。

by 高島

高島 肇 について

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す