すいません、ワンフェス遅刻ぶちかましました。2

おかげさまで今週になってやっと体力が回復してきました。
考えてみると毎年のヒドい夏バテはワンダーフェスティバルの後に起きている気がします。
どちらかというと暑さよりもイベントで体力を使い果たしてしまうのが原因ではないかと。
ちょっと、今後の夏のイベント参加は考えものかも。

さて、前回から続きます。
よりにもよって、このクタクタな状況で真夜中に駐輪場を閉め出されてしまいました。
普段停められない地下だけは時間制限があると、看板に書いてあるのに今更気付きました。まさに後の祭り(ワンダー)。

しかたがないので歩いて帰宅する事に。ちなみに歩くと40分程かかります。
真夜中を荷物を持って脚を引きずって歩くトボトボ感はなかなかのもんでしたねー。

翌日は予想通り、一気に疲労が押し寄せてなにも出来ない状態に陥りました。
仕事は詰まっているので、まずは休息を取ってすぐに復帰せねばなりません。
自宅は暑くてとても昼間は寝ていられないので、去年と同じく駅前のネットカフェに行く事にしました。
あそこだと環境が整っているので、仕事と休息を交互にとりながら進めて行く事が出来ます。
自転車も駐輪場に取りに行かねばならないので、丁度良いと言えなくもないです。

今度は炎天下の中を仕事道具のパソコンを持って、駅に向かってトボトボ歩き、なんとか到着しました。

まずは、ネットカフェで休息。涼しー・・・。
1時間程ボロぞうきんのようにシートにぶら下がるような状態で口をあんぐり開けて仮眠をとりました。
いやもう、空調の利いた状態でとる仮眠は効果てきめんですね。
ある程度回復し、その後のパソコンでの作業もそこそこ順調に進みました。

その後、居眠りと作業を交互に繰り返して夜までネットカフェで仕事をし、自転車を引き取りに行きました。。
もう地下にはゼッテー停めねー・・・!

帰宅後、やっと色々片付けをやる余裕が出てきたので、例のプリンターを調べる事にしました。
印刷物が全て緑色になってしまったはやはり赤のインクが供給されなくなってしまったのが理由ですが、その赤のインクカートリッジは新品に交換してもプリンターにインクが供給されないようです。
よくよく見てみると、赤のインクカートリッジが少し他のモノよりも浮き上がっています。
上手く本体にハマらないようですねー。他の色のカートリッジはカチッとキレイにハマるようです。
原因がよく分からないので、とりあえずカートリッジ全てを外してみました。
「?」ここでやっと気が付きます。プリンターの赤のインクの吸入口に何か灰色の丸いものが突き刺さっています。
手では外せないのラジオペンチで掴み、力技で引っこ抜きました。
「・・・なんだこれ?」
どうやらこの丸くてグニャグニャしたものが突き刺さっているせいで、赤のカートリッジを押し上げてハマらないようにしていたようです。
しばらくいじくり回してやっと正体が判明。
インクカートリッジのインクが出て来るところのバルブですね、これ。
以前の交換時に空のカートリッジを外す際にこの部分がすっぽ抜けてプリンター側に残ってたんですね。
なぜか以前の交換後しばらくは問題は発生しませんでしたが、先日の交換時には新規のカートリッジを押し上げて邪魔するようになったんでしょう。
やれやれ、判ってしまえば大したトラブルではありませんが、あのバタバタした状況下では判らなかったでしょう。

イベントの参加時には前もっての落ち着いた準備が不可欠だなーと痛感しつつ、性格的に自分には無理っぽいなーとややあきらめてもいたりして。ははは。

by 高島

高島 肇 について

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク