「タカシマ・・・久しぶりに聞いた名前だな。それはわしの名前だ。」

おそらく今日、あちこちで一番多く書かれている話題だとは思いますがスターウォーズの新作の公開日ですね。
見に行きたいのは山々ですが忙しいのでここは我慢。
なんとか正月前には見に行きたいものです。
昨日はガイキング・ザ・グレートの新規造形のための再撮影用に塗装を行い、その時にSWのエピソード4を流してました。
何回も見ているため、絵の方は脳内で上映できるのでほぼ音だけを聞きながら部品だけ見てました。

昔何かで読んだか聞いた話ですが、最初の作品エピソード4の脚本を書くにあたり、ルーカスは歴史上の様々な神話などの象徴的なエピソードを研究しつくしてそれらの要素を脚本に盛り込んだそうです。
なんというか、人間が大好きなエピソードの要素が全部盛り込まれていて、そりゃあ受けるだろうな、と今更感じます。
他作品ではガンダムなんかもそうそうなんじゃないかと思います。

さて、SWの話に戻ってテーマの中の一つに暗黒面の話があります。
ジェダイならずとも人間は常に邪悪な方向に引っ張られがちで、それと葛藤しているものだろうと思います。少なくとも自分はそう。
で、映画の中だけではなく、現実の身の回りでそっちの方に行っちゃったと思われる人を目にします。
忙しさを理由にした無配慮、自分の立場が上だとの思い込みよる驕りなど理由は様々だと思います。
「え!この人こんな事をする人だったっけ!?」驚かされるとともに、どんなにいい人に思えても例外はないんだなあ、と思わされます。

自分はそんな風には思われたくないのでそれで余計、人と付き合わなくなっちゃうのかも。
荒野に暮らすオビワンみたいになっちゃいそうですね。

by 高島

私信:先日の弊社作品の修理をご依頼いただいたお客様。修理代金のご入金、確認させていただきました。ありがとうございます。
メールはご使用になれないとの事なので、こちらでお知らせさせていただきました。約1ヶ月後に修理完了の予定です。

高島 肇 について

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク