お犬様の送迎をして来ました。

皆様、ご無沙汰しております。
このブログをご覧いただいている方は、多分開発ブログ「ヒミケン」の方もご覧いただいていると思いますので、実はそれほどご無沙汰ではないのかもしれません。

ヒミケンはなんとか毎週は更新できていたので、当ブログの方は「まあ、いいか」とサボっておりました。
今週はまだヒミケンの方は更新できない状況のため、定期的に見に来ていただいている方もいらっしゃると思いますので、急遽当ブログの方を書いた次第です。
そんなわけで常連の皆さま、いつもありがとうございます。

ヒミケンの方もブログ自体は書きあがっておりますので、版権元さんから許可をいただき次第、更新いたします。

本日は、仕事はほっぽらかして東京まで車を運転して来ました。
10年近く前に事故って車を手放してからほとんど運転せず、しかも前回の運転はすでに2年前!という状況で、往復4時間弱運転してまいりました。
いやー、首都高は恐ろしかったです。

今日の目的は親戚が犬をもらう、ということでそれを運ぶため東京の保護犬センターへの往復です。
宅配なんかは当然できませんし、ケージに入れての電車での移動も電車の中でワウワウ始めちゃったら、周りに迷惑がかかりますので、車を借りてのお犬様のお迎えに行ってまいりました。

お犬様ご本人は非常におとなしいコーギーで、吠えることもなく大変いい子でした。さすがにケージに入れる際にはかなり抵抗されましたが。
「ああ!さらわれちゃう!この人たちは犬さらいだ、さらわれちゃう!」という切実な表情をしていましたが、それでも吠えませんでしたね。

どちらかというと、往復の行程の運転が只々恐ろしくて、自分が緊張しまくっていました。

いやーそれにしても、コーギーは可愛いねー。
うちで飼う犬でないのが残念です。
というわけで、新居の窓でたたずむ犬の後ろ姿で今回はおしまい。

image1

by 高島

カテゴリー: 日記 | コメントする

おかげさまでWFなんとか終わりました。

おかげさまで先日7/30に開催された、ワンダーフェスティバルでの当社ブースの展示もなんとか間に合いました。
ホントになんとかね。

例年と変わらず前日は徹夜仕事となり、朝はバタバタと飛び出しました。
去年にも増して大荷物の上、雨にガンガン振られる始末。さりとて駅まで徒歩で行ったりバスを待ったりしている余裕もないので、自転車で傘をさしながら大荷物を片手で押さえながら、駅まで曲乗りをして行きました。
良い子は真似しちゃダメですよ。スケジュール管理ができないダメな大人がやる行為ですから。

傘をさしてた意味があるのかわからないぐらいびしょ濡れで駅についてみると、倒木で不通になっているのが判明。途中駅から別ルートで遠回りする羽目になりました。
まあ、本当に毎年毎年トラブります。

その後、開場時間前になんとか会場入りでき、モタモタやりながらも設営完了。
今回は電源を引いて、エスカフローネ・サイバスター・グレンラガン3体それぞれLEDでライトアップする台座で展示しました。
なかなか壮観でしたよ。

今回は収穫もありました。
珍しく会場内を出歩き、展示のみながらものすごい完全変形のカラーレジンによる作品を出している人のところに行き、いろいろと根掘り葉掘り話を聞いてきました。
なんとも羨ましい話で、自前の3Dプリンターで原型と製品の関節部を出力しているそうで、話を聞いているうちに本当に欲しくなっちゃいましたよ、もう。
うちはこれから引越しを控えているので、これがなければ買っちゃうんですけどねー・・・。
いずれ、この機械は導入します。今は・・・我慢。

会場撤収後はスタッフと幕張駅前のパブでのんびり飲みまして、まったりさせてもらいました。
朝は相当大変な感じでしたが終わり良ければすべて良し。
総じて今回のイベントは天候以外はまあ良い方だったと思います。
当日お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。喜んでいただけたなら、徹夜した甲斐があります。

次回、冬の方はどうしましょうかね〜。
現在、参加するかどうか検討中です。

by 高島

カテゴリー: 日記 | コメントする

怪談を延々と聴き続けた成果をワンダーフェスティバルで!

今月末のワンダーフェスティバルが近づいてきました。
準備を諸々進めているところですが、とにかくあれやこれやと同時進行でやらなければいけないため、非常にめまぐるしい日々が続いています。

当社ブースではエスカフローネとグレンラガン・メタリックver.及びサイバスターのディスプレイを予定しています。
当社卓番号は7-07-12です。
現物をご覧になれる数少ない機会ですので、皆様ぜひお越しください。

今回は電源を引いておりまして、ディスプレイ台はLEDによるライトアップもしたいのですが、果たして間に合うかどうか・・・。
何よりも今年こそは開場時間前に間に合わせなければいけません。
頑張ります。

こんなバタバタしている状況でも、作業自体は一人で黙々とやっております。
集中作業が続いているため、またもや延々と怪談を聴いてます。
ええ、また怪談ですよ。
理由はわからないのですが、撮影とか磨き、型埋めの作業が続いているときは集中力が続いてすごくいいんですよね。
ここしばらくは北野誠氏のYouTubeの動画を再生してます。

最近では、ヒミケン用にちょっと作業中の部品の撮影をするだけでもその度に怪談を聴きたくなり、もはやこれは条件反射になって来ているんじゃないかと。
ウ〜ン、なんかまずい状態なんじゃないか?これ。

本日はエスカフローネの新規出力部品を型埋めで一日かける予定なので、この習慣病も一段と進行するのではないかと。
話よりもこっちの方が怖いな・・・。

by 高島

カテゴリー: お知らせ, 日記 | コメントする

出るぞ、マリリン・マンソンが出るゾ・・・。

みなさま、お久しぶりです。暑いっすねー・・・。
普段、様々な仕事を兼任しているため、一つの仕事のために1日をフルに使う、なんてことは自分はなかなか許されない身です。
今日は珍しく丸1日確保できたので、原型の手作業のためにフルに時間を使って集中しています。
これの原稿を書いてる時点で集中してないだろ!とか言われそうですが、まあまあ、そこは気分転換も兼ねて書いておりますので。
今日は割と良い感じで進み、楽しんで作業しております。
これの詳細は明日(7/7)更新予定のヒミケンで報告します。

さて、実は本日は誕生日でありまして、なんだか知らないうちにまた一つジジイになってしまいました。もう51ですよ、やれやれ。
この歳になると色々と本当にジジイ化が進んできて支障をきたすことが出てきております。
体力的な方は仕方がないとして、頭が老け込んでしまうのは非常に困ります。
自分が楽しいというものを形にして表現する仕事なので、根本の感情が鈍くなってしまうと元も子もありません。

こういうのは未だに自分の中にある「ガキ要素」が結構大事なんじゃないかと思います。
若い頃はこれには困らせられました(プラス各方面の方々に迷惑をかけました)けどねー、今度は抜けてしまわないように楽しいことは楽しい!悲しいことは悲しい!!とはっきり自分の感情を意識するようにしています。

その一環というわけではありませんが、昨晩ジェームス・ワン監督のホラー映画「死霊館2」を見ました。
今回2度目ですが、なぜか初回の時よりも面白く感じました。
なんでですかねー。ホラーなんかは特に新鮮味が影響するような気がするんですが。
初回時には劇中で出てくる悪魔がマリリン・マンソンに見えちゃって、それがおかしくなっちゃったせいですかね。いやもう、そん時は大爆笑しちゃいましたよ。

とはいえ、マリリン・マンソンが夜中に自分の部屋に立ってたら、怖いよねー。殴っちゃうかもしれないけど。

ジェームス・ワン監督の作品は見終わった後の余韻が良くて、どれも気に入ってるんですが、「死霊館2」もよかったですよー。

いやいや、ホント楽しめました。
皆さんも自分の感性は大事にしてくださいね。

by 高島

カテゴリー: 日記 | コメントする

起ち上りが遅いのは、ソフトか?自分か?

先日ユーチューバーのヲタファさんに制作・公開していただいた「グレンラガン・ギガボックス」の動画の反響がものすごいことになりました。
動画はご覧いただけたでしょうか?まだご覧になっていない方のために下に貼っておきますね。
おかげさまで、メタリックバージョンの受注数もまとめてドンっときた感じで、現時点で年内生産のワクは1セットとなっています。
ヲタファさんの動画の影響力のすごさには只々感心するばかりです。
ヲタファさん、オーダーをいただいた皆様には心から感謝致します。

さて、オーダーの対応やらなんやらでここしばらくはバタバタしておりましたが、これも落ち着きつつあります。
とにかく組み立て以外の業務は全て自分一人で行っているため、どれか一つの仕事の物量が激増すると即、他が止まってしまいます。
全て平均的に動いてくれるのが一番良いんですけどね、なかなか思うようにいかないもんです。

やっと原型の仕事に戻れる状況になりました。詳細はヒミケンの方に譲るとして、久しぶりにCADソフトを起ち上げて作業を行ったところ、まあ言うことを聞かないこと。スネてんのか、こいつ?
あれもできない、これもできないばかりで、全然作業が進みません。
設計に関してこれから本を書く話もありますが、この調子だと愚痴ばっかりを書いてしまいそうですねー。

とにもかくにも、とりあえずは自分本来の仕事にやっと戻ってきましたので、ヒミケンの方も更新も頑張っていきたいと思います。
今日はまだ書きませんが。
それでは。

by 高島

カテゴリー: グレンラガン, 日記 | コメントする